僕には、住みたい世界があります。
それは、全ての人が本当にやりたいことをやれる世界です。
お金や時間、仕事、会社、親、慣習、伝統、政治、宗教などに一切束縛されることなく、心から望むやりたいことを思う存分やれる。
そんな世界です。

しかし、現実はどうでしょうか?
日本を見てみると、お金のために働き、仕事に生き方を制限され、本当にやりたいことをやれずにストレスが溜まると同時に、息苦しさを感じる人たちで溢れかえっています。
世界を見回してみれば、
生活のために朝から晩までゴミを拾っている。
お金のために地に頭をこすりつけ物乞いをしている。
生きるための水を汲むために何キロもの道を歩いて一日が終わる。
ペンではなく銃を持たされ殺人を教えられている。
住む場所がなく下水道で暮らしている。
民族差別で国を追われ、生まれた土地を去らなければいけない。
内戦による空爆に怯え、安心して眠れない。
そんな人たちが大勢います。
本当にやりたいことをやれるどころか、食べたいのに食べれない、安心して眠りたいのに眠れない、学びたいのに学べないといった守られて当然の『人権』が無視されてしまっている。
それが今の世界です。
僕はもう、そんな世界に住みたくはありません。
僕の子孫にもそんな世界を残したくはありません。
そして、無関心を装い、無視をする生き方もしたくありません。
ですから、全ての人が本当にやりたいことをやれる世界を創ることにしました。

そのために、まず僕自身ができることを考え、一つ決めたことがあります。
それは、束縛をやめることです。
一切の束縛のない自由な世界のために、自分自身がしている束縛をやめることからスタートすることにしました。
その中でも特に、お金の束縛をやめます。
僕は、これまでセミナー講師という職業柄、培ってきた経験や知恵に値段をつけ、お金を払える人にだけその知恵を渡してきました。
その知恵というのは、多くの人に役立つものであるにもかかわらず、商品に値段をつけることによって、手に入れられる人と手に入れられない人という格差を作り上げてしまっていたのです。
これは、知恵に値段をつけることによって、誰かをお金で束縛していた結果だと。
ですので、僕は知恵に値段をつけることをやめ、僕の持つ全ての知恵を完全無料でシェアすることにしました。

全ての人が本当にやりたいことをやれる世界の実現を真剣に考えると、どうしても知恵に値段をついているとそれが難しいと感じます。
ですので、僕はこれまで培ってきた知恵を無料化し、1人でも多くの人に役立ててもらうことにしました。
それだけでなく、これまでの僕の事業のサービスであるセミナーやコンサルティングを全て無料にしました。
こうしてお金の束縛をやめ、本当にやりたいことをやれる人と場所と機会を増やす活動をはじめ、新世界実現に向けて動き出しました。

ここで1つ問題があります。
これまで知恵に値段をつけていた僕が、知恵を無料化し、新世界を創る生き方をしていくためには活動資金が全く足りません。
そこであなたにお願いしたいことがあります。
僕の活動を応援していただけませんか?
僕が、『全ての人が本当にやりたいことをやれる世界』の実現に向けて活動ができるように、お力を貸していただきたいのです。

この世界の実現は、僕ひとりではできません。
沢山の方の応援があり、互いの協力があるからこそ創り上げられる世界です。
そして、僕も多くの人と一緒に創り上げたい。
ひとりでも多くの人が自由な生き方ができるように、未来の子どもたちが安全に自由に生きられるように、どうかあなたのお力をお貸しください。

あなたと一緒に新世界に住める日を楽しみにしています!

黒崎 英臣

黒崎英臣を応援してください

銀行振込で応援してくださる方はこちら

スルガ銀行 ANA支店
普通 3152360
クロサキヒデオミ

単発で応援してくださる方はこちら